Windmill レトロオイルライターを分解清掃しました。

DIY

前置き

いきなりですが、リサイクルショップでレトロオイルライターを購入しました。(笑)
喫煙具コナーのショーケースに入っていたので、お高いものなんだろうな~と思っていたら・・・。

なんと値段が¥490円!!Σ(゚Д゚) 
早速、店員さんを呼び鍵を開けてもらってレジへ・・・という流れです。衝動買いをしてしまった。(^o^)丿

それで、購入したライターがコチラ!

Windmill オイルライター 
しかし、フリントホイールが固く回らないのと着火する所が汚い!
ということで、ド素人ですが分解清掃してみます。

分解清掃してみる!

※分解は自己責任でお願いします。

蓋を外す

取り敢えず、外せそうな場所から外します。
ということで、蓋のダンパー?(開け閉めの部分)を外してみました。(マイナスドライバー使用)
ダンパーは、3つの部品になりました。(無くさないように気をつけよう!)
 

次に、ヒンジを抜きます。精密ドライバーに入っていた、尖ったビットを使いました。
(ラジオペンチにを巻いて、キズが付かないようにしてます)
 

これで、蓋を外す事が出来ました。

本体の中にあるパーツを外す

スプリングと蓋を取ったことで、本体にネジの頭が見えたので外していきます。
(小さいネジなのでこれも無くさないように注意)
 

ここからが大変でした。
フリント部分が抜けない!ほかに固定されてなさそうなのにどうしてだ?
手で引っ張てダメだったので、ラジオペンチで挟んで抜くことが出来ました。
※キズが付かないよう注意。筆者は後に盛大にキズ付けます。( ;∀;)
 

給油キャップを開けてみる

給油キャップを外して中身を確認してみました。
すると、メッチャキレイ!Σ(゚Д゚)
特に問題がなさそうなので、中に入っていた綿はそのまま使う事にしました。

しかし、よく見ると中になにか入っている。(。´・ω・)?
そこで、ピンセットで調べてみると・・・
テッテレー、フリント石が入ってました。(*´ω`*)

しかし、使いかけのものだった。_(:3」∠)_

分解完了!

やっとライターを大体分解する事が出来ました。
(今回は、フリント部分の分解は戻せなくなると思い諦めました。すみません)
Windmill オイルライター 分解。

各パーツ清掃、組み立て

外した部品をキレイにしていきます。
100均からオイルライター用オイルを買ってきました!
あと、掃除用に綿棒とリップクリーム(いつ使ったものか分からないヤツ)。


汚れがひどい所は、歯ブラシなどを使いました。

(オイルは高いものを買ってもあまり使わないから、安いのでいいやという安直な考えで、リップ
クリームはヒンジなどの稼働部に潤滑剤として使用)
  

清掃が終わりました。


あとは、金属が擦れそうな所に、リップクリームを塗り逆の手順で組み立てるだけ。

フリント部分取り付けの時、バネが邪魔するのでマイナスドライバーを使うと楽になります。

清掃完了!、実際に火をつけてみる。

クリーニング完了しました。
お~、カッコいい!

Windmill オイルライター 組み立て完了

早速オイルを入れて、着火してみます。

いざ、着火!
問題なく火が着きました。やったぜ!(・ω・)ノ
Windmill オイルライターを購入しました。(分解清掃します)
しかし、フリントが回らない時があるので調べてみます。(。´・ω・)?

フリントの回りが悪いので原因を調べる

クリーニング後もフリントが固かったので調べてみると、回す部品と本体が干渉していました。なぜ?
なので、
本体側を少し削り対処しました。(赤線で囲った部分)
削ってみてからは、軽い力でクルクル回るようになりました。問題解決!
ん~、落とした時に踏んで軸が歪んだのかな?


しかし、ここで問題発生!
回転する部分を直すため分解と組み立てをしたら、ラジオペンチに巻いた電工テープが破れてました。
なので、メッチャキズが付きました。ガーン(´Д`)
起きた事はしょうがない。気を取り直そう!(/・ω・)/

まとめ

ド素人の分解清掃でしたが、結果的にキレイに出来て使えるようになったので良かったです。
あと、このライターの底にあったWindmillという文字を調べてみました。
(Windmill:和訳したら風車という意味になりました

すると、なんと創業100年にもなる大手メーカーでした。スゲー( ゚Д゚)
いつ発売したライターなのか分かりませんでしたがこのライターに出会えてよかったです。

これからもコレクションとしてレトロライターなど衝動買いしそうです。(*´з`)

タイトルとURLをコピーしました