レトロな甚五郎彫刻刀を研いで切れ味復活!(刃物研ぎ素人です)

DIY

前置き

彫刻刀使おうと思って家の中を探したが見つからない。(。´・ω・)?
小学生の時に使ったヤツなんだが、どこ行ったんだろう!
え~い、探すのが面倒になったので買っちゃえ!ポチっとな。
という流れで、彫刻刀を購入しました。(/・ω・)/

それがコレです。
彫刻刀
お値段なんと、400円
レトロ感あっていいなーと思い購入しました。(*´ω`*)
しかし、刃がボロボロなので、研いでいこうと思います。
※購入前に写真で刃こぼれしている状態を確認済み。

研ぐ前の状態

結構刃こぼれしている。(;^ω^)
彫刻刀 刃こぼれ

特に、この3本の状態が悪い。
三角刀駒透(丸刀)が刃こぼれしてますな~。研ぐの大変そう。(´・ω・`)
彫刻刀 三角刀 駒透 刃こぼれ

刃こぼれを取る。

状態の酷かった3本の刃こぼれを取ります。
荒砥使ったが削りづらかったので、タイヤモンドヤスリで削りました。

削る前
彫刻刀 駒透 刃こぼれ取る前

削った後
お~、刃先がキレイになった。(゚∀゚)
彫刻刀 駒透 刃こぼれ取った後

はいっ!3本削りました。これから研いで刃をつけます。
彫刻刀 三角刀 駒透 刃こぼれ取った後

では、研いでいきます!

※素人なので研ぎ方が間違っているかもしれません。作業は自己責任でお願いします。
 あと、写真が撮れてない所があったので下手な絵になってます。(笑)

駒透(丸刀)

荒砥

刃先を削ったので、こんな状態です。
彫刻刀 駒透 刃こぼれ取った後 図

彫刻刀のを回しながら刃がつくように研ぎました。これが難しい!
研ぎ方は、砥石を掘る感じですかね。(笑)

 

彫刻刀 駒透 砥ぎ方
こんな感じで、研ぎました。
返りは砥石では取れなかったので、ダイヤモンドヤスリ(棒タイプ)で取りました。
彫刻刀 駒透 刃のつけ方

中砥(仕上げ)

研ぎ方は、荒砥と一緒です。
研ぎ研ぎ!・・・あっ
写真だと見えにくいんですが、刃が変な角度でついてしまいました。(´Д`)

彫刻刀 駒透 仕上げ 砥ぎ失敗

刃の角度が悪いので、こうなります。
彫刻刀 駒透 仕上げ 砥ぎ失敗2
切れません!(´_ゝ`)

刃の角度が2段になってしまったので、今度は一直線になるように研いでみます。
彫刻刀 刃の角度

研ぎ直し中。(´ー`)
彫刻刀 駒透 仕上げ 研ぎ直し

さて今度は・・・サク!
切れ味が復活しました。(=゚ω゚)ノ
彫刻刀 駒透 試し彫り

研ぎ終り

上から見るとこんな感じです。
あと、小さい方の駒透も同じように研ぎました。
彫刻刀 駒透 砥ぎ終了

三角刀の場合

荒砥

刃を削った状態。
彫刻刀 三角刀 刃こぼれ取った後 図

左右の面を交互に研いでいきます。
彫刻刀 三角刀 砥ぎ方
そしてこんな感じに!返りは砥石の端で取りました。
彫刻刀 三角刀 刃のつけ方

中砥(仕上げ)

研ぎ方は荒砥と一緒です。
彫刻刀 三角刀 仕上げ 砥ぎ

砥石の端で返りを取ってます。
彫刻刀 三角刀 仕上げ 返り取り

研ぎ終り

写真が無いですが、サクっと彫れるようになりました。
上から見るとこんな感じです。
彫刻刀 三角刀 砥ぎ終了

他のも研ぐ

彫刻刀 平刀 切り出し刀 砥ぎ
平刀切り出し刀を研いでいきます。研ぎ方は、ナイフなどと同じで!
もう一本のビュラン(ひし形のヤツ)は、研がなくても大丈夫みたいでした。
てか、研ぎ方わからん。(笑)
※ビュランって名前初めて知りました。

研ぎ完了

レトロな彫刻刀ですが、研いであげればまた使えそうです。
三角刀駒透(丸刀)は研ぐの大変でしたけど、いい経験になりました。
彫刻刀 砥ぎ 完了

後から撮った研いだ面の写真です。
彫刻刀 砥いだ面

まとめ

今回レトロな彫刻刀を購入してみました。
結果、刃こぼれしてましたが研いでみたら問題なく使えるようになりました。
『古いものだから悪い』という事は全くないですね!
また、¥400円で購入できたのもよかったです。新品で購入するとワンコインで買えない。
これで、木材を彫ったり削ったりできるぞ~。

補足 甚五郎(じんごろう)とは?

調べてみると、左甚五郎(ひだり じんごろう)は江戸時代に活躍したとされる伝説的な彫刻職人でした。
製作年間が安土桃山から江戸後期の300年にも及ぶらしい!Σ(゚Д゚)
どうやら、左甚五郎とは1人ではないようで各地で腕をふるった工匠たちの代名詞で使われたみたいです。
※調べてみると意外に面白かった!

タイトルとURLをコピーしました