断線したヘアアイロンを修理してみた。

DIY

前置き

姉が使っていたヘアアイロンが調子が悪いらしく、『直せるならよろしく(・ω・)ノ』と言われた。
どうやら、基盤やヒーター部分の故障ではなくコードの断線が原因みたいなので、修理してみる事にしました。
断線したヘアアイロンを修理してみた。

修理開始!

※素人作業ですので、参考程度に見ていただけるとうれしいです。
 また、修理は自己責任でお願いします。(>_<)

コード断線の場所を探す

さっそく怪しい場所を見つけました。
電源コードのケーブルグランド(保護ガイド)手前に、折れた痕跡がありました。
 
実際に電源を入れて怪しい場所を曲げると、通電しなくなりました。(`・ω・´)

断線場所を切る

断線部分で結線しようと思いましたが、力が掛かる所なのでケーブルグランドの所で結線しようと思います。 ヘアアイロン 断線場所を切断

ケーブルグランドをはんだ付けした部分に戻したいので切り外します。
カッターで切り込みを入れて取れると思ったが、結局取れず半分に割って外しました。
 

はんだ付け

はんだ付けするために、コードの被覆を剥きます。本体側とプラグ側のコードを剥きました。
断線したヘアアイロンを修理してみた。はん付け

熱収縮チューブ(絶縁対策)をはめてから、はんだ付けしていきます。
フラックスを使うとはんだ付けしやすいです。

はんだが終わったら、熱収縮チューブをはんだごてやライターで炙って縮めてあげます。
(はんだ付けしている所の写真を撮り忘れたので、はんだ付け後の写真になります)
 

本当は結線する時、ショートを防ぐためにコードの長さを互い違いにするのが望ましいのです。
こんな感じで結線するとショートしづらくなります。

でも、今回ははんだ付け部分をケーブルグランドの中に納めたかったので同じ場所で結線しました。

ケーブルグランドを被せる

はんだ付けした場所にケーブルグランドを被せて、接着材で固定します。

修理完了

こんな感じに修理しました。ボンドガハミデッチャッテマスガキニシナーイデネ!(゚∀゚)
ヘアアイロン 断線修理完了 

電源もちゃんと入るようになりました。特に問題ないみたいです。
 

まとめ

ちょっと見た目が悪くなってしまったが、問題なく使えるようになりました。
あと、私の場合は無理やりケーブルグラウンド内で結線してますが、断線している部分からの結線でもいいと思います。その場合は、結線部分を補強しましょう。ケーブルプロテクターなんてのも売ってます。

とりあえず、修理完了したので姉に返したら・・・
『おっサンキュー、べつに新しいアイロンがあるから要らなかったけど(・ω・)ノ』って言われました。
マジかよ!直した意味は・・・( ゚Д゚)
まぁ~経験になったからいいか。

タイトルとURLをコピーしました