クエン酸で錆び取りをしてみた。

DIY

前置き

レストア動画の中で、錆び取りをしているのを見てやってみたくなりました。
錆び取りでよく使われるのが、酸性の液体で科学反応させる方法。
という事は、クエン酸でも錆び取りが出来るはず!
実際にどこまで錆び取り出来るか、試してみました。

用意したもの

クエン酸          100均で買ってきた。
セスキ炭酸ソーダ      100均で買ってきた。(中和させる用)
電気コンロ         燻製用に買ったもの。1,300円くらいだった。
鍋             ガラクタ。
錆びた金属         ガラクタから選別。

錆び取り開始!

クエン酸に浸ける前に、軽く錆を落とします。
金ブラシでゴシゴシ~。これは、酷く錆びてますね。(;^ω^)

クエン酸に浸ける

鍋に錆びた金属とクエン酸を入れて、水を注げば化学反応をして錆が取れるはず!
クエン酸は、袋の3/1ほど入れてみました。
クエン酸で錆び取りをしてみた。

水を入れまーす。ワクワク(≧▽≦)

・・・反応なし。チーン_(:3」∠)_

煮る

こ、こうなる事は予想済みだ。(;^ω^)
温度が低く反応が悪かったようなので、電気コンロで温めてみました。(外気温5℃くらいでした)
クエン酸で錆び取りをしてみた。 煮てみる
すると、シュワーと音が出始めました。メッチャ化学反応してる!この状態で、10分ほど煮ました。

~10分後。

おや、さっきよりキレイになってる? 取り出してみよう!

おー、錆びが取れてます。この調子でもっと煮てみます。

さらに煮てみる(30分)

凄い、錆がどんどん取れていく。Σ(゚Д゚) さらに煮てみる。

さらに、さらに煮てみる(30分)

ここまでキレイになりました。ほとんど錆が無い状態です。(゚∀゚)すげぇ!
あとは、クエン酸の水溶液を捨てセスキ炭酸ソーダで中和させます。10分ぐらい浸けとけばいいかな!
(金属の表面が酸性のままなので、アルカリ性で中和させる)

5日後

え~、ここで謝罪会見が始まります。
『すみません。錆び取りをして中和したあと、忘れて5日間そのまま放置しました。』
用事思い出して別な事をしたら、錆び取りしてたのを忘れてました。てへぺろ(・ω<)
それで、こんな感じになりました。
クエン酸で錆び取りをしてみた。錆び取り後
シャベルだけ錆びてます。(笑)
5日も放置したのでやはり錆びてしまったようです。
しかし、錆び取りする前から比べればとてもキレイになったと思います。

蛇足~なぜシャベルだけ錆びたのか?~

シャベルだけ錆びた理由は、多分シャベルの材質が亜鉛だからだと思います。
亜鉛は、鉄よりも錆やすい金属です。
錆びは、錆びやすい金属から錆びていく性質があるので、シャベル(亜鉛)だけが錆びて、鎌(鉄)はあまり錆びなかったという結果になったのだと思います。
この性質を使って車などは錆から守っています。(^o^)丿

結果

ちょっと手間が掛かるが、クエン酸でも錆びは落とせる。
錆びているものが大きいと鍋も大きくしないといけないので結構大変かも。
あと、錆び取りに時間が掛かる事と火使うので目が離せない事がデメリットかな。


でも酸性の液体を買うより、クエン酸を使った方がコスパが良いのではないかと思います。

クエン酸は、袋の3/1しか使ってないので、あと3回出来ます。
しかし、酸性の液体を薄めて使えば同じかもしれない。ん~よくわからん!
(サンポールなど界面活性剤が入っているものを加熱すると泡まみれになるので注意)

とりあえず、クエン酸でも錆び落としが出来ました。
錆び取りをした金属は、何か出来ないか考え中です。

タイトルとURLをコピーしました