ジャンク品N64コントローラー修理! 完 ~塗装編~ 

DIY

前置き

前回、前々回とN64の分解清掃とステックの傾きの修理をして来ました。
今回は外装の下パーツが黄ばんでいるので塗装をしたいと思います。
この作業が終われば、やっとN64コントローラー修理完了!(・ω・)ノ

↓前回記事
ジャンク品N64コントローラー修理! ~傾いたスティック修理編~

↓前々回記事
ジャンク品のN64コントローラー修理! ~分解清掃編~ 

外装下パーツの状態

上パーツは問題ないんですが、下パーツがかなり黄ばんでいる。(´Д`)
元々は、クリア(透明)で中身が透けて見えるんだと思いいます。

車のヘッドライトみたいに表面を削ればキレイになるかと思いやってみたんですが・・・。

全くキレイにならない!_(:3」∠)_

どうやら、表面が黄ばんでいるのではなくプラスチック自体が黄ばんでいるみたいです。
なので塗装する事に決めました!(*´з`)

塗装開始!

※作業は自己責任でお願いします。また、素人塗装なので下手です。

下地処理

ミッチャクロンを使って下地を作ります。
ネットでミッチャクロンを購入したんですが値段が¥1,500円するのでコントローラー買える。(笑)

シルバーのラッカーで塗装

外装上パーツと合う色を考えた結果、シルバーで塗装する事に決めました!
しかもちょうど小屋に、銀色のラッカースプレーがありました。(゚∀゚)ラッキー

プシュ~・・・ファ!Σ(゚Д゚)
スプレー缶のガス圧が弱くて、霧状に出ない。(多分、10年ほど経っているビンテージもの)
N64コントローラー塗装

上手くスプレーが吹けないが、中身がもったいないので使います。(/・ω・)/プシュ~
捨て吹きしてから、本塗装3回行いました。ムラがあるが逆にいい味でてるかも?

一応内側も塗装しておきました。(今思うと内側はやらなくてもよかったかも)

水性ウレタンクリアで保護

ラッカー塗装だと、ゴム系のものと相性が悪く塗装が溶けてしまう!
なので、水性ウレタンを塗ります。(ポリウレタンだと溶けないみたいです)

刷毛を使って、原液で塗ってみました!(2回重ね塗り)
N64コントローラー塗装 水性ウレタンクリア

組み立て

時間が掛かりましたが、塗料が乾燥しました。(^o^)丿

あとは、組み立てて完成です!

N64コントローラー修理完了

やっと修理が終わりました。 (≧◇≦)長かった~。

個人的に色も違和感なく合っていると思います!( ゚д゚)ウム
N64コントローラー 修理完了

さっそく使ってみた!

では、問題なく動作するか確認したいと思います。

数分遊んでみましたが、問題なくプレイできました!
スティック操作、ボタン操作の誤作動なし。(=゚ω゚)ノ

まとめ

無事N64コントローラーの修理が終わりました。(^o^)/
分解と清掃は簡単に終わったんですが、スティックの修理と塗装に時間が掛かりました。
特に、外が寒いので塗装が中々乾かない。(塗装で5日ほど掛かった)

あと、塗装の耐久力が気になります。(;^ω^)
ネットでは、『コントローラーの塗装は剥がれるからおすすめしない』という意見が多かったです。
でも、どうしても黄ばみが嫌だったので塗装しました。
どのくらい維持できるか分かりませんが、これから経過を見ていきたいと思います。

ページトップへ

補足 もう1つのコントローラーも修理

もう1つのコントローラーも修理しました。分解清掃とスティック修理だけなので簡単!

同じようにステック部品の内部が粉だらけになってました。(´Д`)やべぇ

キレイに清掃したあと、こんな感じでUVレジンを中心にチョン付けして修理。

あとは組み立てて完成! (。-`ω-)b

こちらも問題なく修理できました! (∩´∀`)∩やったぜ

タイトルとURLをコピーしました