成熟した渋柿で柿渋が作れるのか実験!(継続中)

DIY

前置き

祖母が毎年干し柿を作るので親戚から大量の渋柿をもらいます。
しかし、キズものや臭れているものも入っており捨てなければいけない。
まぁ畑があるので土に埋めるだけなんですが、何か作れないのか?
すると、柿渋というのもを知り作ってみる事にしました!
成熟した渋柿

柿渋とは

簡単に説明すると、渋柿の実を粉砕、圧搾、熟成させた液。(成分はタンニンを多く含む)
性質は、『防虫』『防腐』『防水』の効果があります。(他にも除菌効果もあるらしい)
用途としては、木材に塗ったり石鹸に混ぜたりします。

ただ、デメリットとしてかなり臭いらしい!
田舎あるあるですが下校の時、柿畑の収穫後は腐れた柿から凄い臭いがするので息止めてました。

製作開始!

※作業は自己責任でお願いします。

柿のヘタ取り

干し柿用なので、枝とヘタを切り取っていきます。(渋柿のタンニンで包丁が変色するので注意!)
一応、キズが酷い所や腐っている所は取り除きました。

ミキサーにかける

渋柿をミキサーに入る大きさにカット!
あとは、成熟しているので水を加えずにミキサーに掛けます。
(本来は未熟の渋柿に水を足してミキサーに掛けるみたいです)

ではミキサーにセットして、スイッチON! (/・ω・)/ブィィィィィィン

瓶に詰める

『切る→ミキサーに掛ける→ビンに入れる』これをひたすら繰り返す!(;^ω^)

~15分後。
全ての粉砕が終わりました。(;゚∀゚)=3ハァハァ

タオルで絞る

バスタオルを使って濾していきます。(ちょうど要らなくなったバスタオルがあってよかった)

うぉぉぉー、重い! しかも搾りにくい。(少しずつやったほうがいいです)

なんとか液体だけ抽出できました。 _(:3」∠)_疲れた。

完成

あとは、これを小屋の中に放置!(熟成させる)
成熟した渋柿で柿渋を作りたい!

発酵させるので蓋はせず、空気が入るようにキッチンペーパーなどを被せます。

まとめ

柿渋ができるまでの期間を調べたら、2年以上掛かるみたいでビックリ!Σ(゚Д゚)
なので、気長に待ってみます。成熟した渋柿なので、失敗するかも。(笑)

補足 1ヶ月経過した状態

小屋に放置して1ヶ月経ちました。
ん~、あんまり変わっていない。 (´・ω・)あるぇ~
寒くて発酵してないんだろうか?(11月中に作りました)

タイトルとURLをコピーしました