DUALSHOCK2修理 誤作動の原因はフレキシブルケーブルのスポンジかも!

ゲーム機

前置き

ジャンク品で購入したPS2コントローラー(DUALSHOCK2)を分解修理したんですが、再び異常が出ました。調べた結果、意外な場所が原因だったのでビックリです!Σ(゚Д゚)

※DUALSHOCK2がフレキシブル基板になっているものが対象です。(外せる)

↓対象外の基板(外せない)

関連記事
再挑戦!ジャンク品DUALSHOCK2を修理する。

コントローラーの状態

激安のPS2コントローラーUSB変換器に繋ぎPCで確認すると、ボタンを触ってないの反応状態。(赤く光っている部分が押されている状態です)

↓激安PS2コントローラーUSB変換器(コントローラーコンバーター)が気になる方はこちら。
激安品のPS2コントローラーUSB変換器を購入してみた!

誤作動の原因と対処方法

色々と調べてみた結果、コントローラー中央を強く挟んでみたら正常に戻りました。Σ(・ω・ノ)ノ!

どうやら原因は、フレキシブル基板の押し付けが弱いみたいです。(スポンジが経年劣化している)
 DUALSHOCK2動作不良 スポンジが原因かも!

スポンジを外してみると、裏側が凹んでました。(;^ω^)

なので、スポンジの下に厚紙をスポンジと同じサイズに切って敷いてみました。スポンジを新しくしたり、同じような材質のものを探すのが面倒だったので再利用。
 

あとは、元に戻すだけ。たったこれだけで終了。(゚∀゚)簡単!

正常に戻りました!

はい、直りました。(。-`ω-)b
ボタンの誘電インクフィルムが原因だと思っていましたが、スポンジが原因だとは・・・。

まとめ

別の日にリサイクルショップで、フレキシブル基板のDUALSHOCK2がボタンの動作不良で安く売っていたので購入し、同じようにスポンジの下に厚紙を敷いたら直りました。(笑)

全てのものが直るわけではないと思いますが、DUALSHOCK2を持っている方で動作に不具合がある場合は試す価値アリかもです!

タイトルとURLをコピーしました